秘書の資格はあるの?資格の難易度についても知っておこう

秘書検定という資格が存在する

派遣の秘書として働く場合には、経験や資格など重要な部分がいくつかあります。経験がない場合は、資格を取得して少しでも採用されるように努力する事が必要です。そこで、秘書の資格には、秘書検定があります。秘書検定は民間の資格ですが知名度が高く、受験者数が多いのが特徴です。知名度が高い分、採用試験でもプラスに評価されることが多い資格です。試験の内容は、主にビジネスマナーと秘書として勤務する時に必要になる事がテーマとなっています。 敬語の使い方や電話対応、接待の仕方など幅広く問われます。初めて学ぶ事が多く、秘書検定のテキストを購入して勉強しなければ合格は難しいです。ただ、テキストと問題集を購入して勉強すれば、多くの人が合格出来ます。


気になる秘書検定の難易度は?

秘書検定を取得する時には、難易度についても把握しておく必要があります。合格率で言うと、2級は毎回50%~60%ぐらいとなっており、半数以上の人が合格出来ています。つまり、しっかりと試験対策をすれば、合格出来る可能性が高いという事です。また、3級と2級は筆記試験だけなので、合格しやすいと言えます。しかし、準1級以上になると、筆記試験だけでなくて、面接試験もあります。特に1級は面接の内容も専門的なことが多くなるので、難易度は高いです。 実際に、1級の合格率は2級と比較してもかなり低いです。面接時間は約10分ぐらいで、ロールプレイングになっています。秘書検定の面接対策の専門書を購入して面接の練習をしておきます。



秘書の派遣サービスを利用すれば、十分な教育や訓練を受けたスキルが高い、即戦力になる秘書を紹介して貰うことが可能です。