便利なポイント多し!長期出張にマンスリーマンションをおすすめする3つの理由

おすすめの理由(1)宿泊先として確保しやすい

近年日本を訪れる外国人観光客が増えています。その影響もあってか、大都市や有名観光地に出張する際などに、宿泊先が確保しづらいという状況も発生しているのです。特に長期的な出張となるとより宿泊先探しは困難になり、同一ホテルでの連泊ができず、ホテルをはしごする…などという場合もあります。そこで便利なのがマンスリーマンションです。マンスリーマンションはまとまった期間で契約する必要があるため、短期間にステイする旅行者で満室になることはありません。現在はマンスリーマンションの数も豊富なので、旅行者に人気のエリアでも長期のステイをすることが可能です。


おすすめの理由(2)期間によってはホテルより安い

ホテルの宿泊料金の相場は、場所にもよりますが1泊5千~1万円ほどです。しかし、近年はホテルの確保しづらさとともに、ホテルの宿泊料金もやや上昇傾向にあります。人気のエリアになると、ビジネスホテルでも1泊数万円かかることもあります。長期的な出張になるとさらに料金はかさみます。一方マンスリーマンションはまとまった期間での契約になりますが、1日当たり5千円以下の費用ですむ物件も珍しくありません。長期出張の費用をできるだけ抑えたい場合はマンスリーマンションがぴったりです。


おすすめの理由(3)自宅のように暮らせる

出張が長期になると、ホテル生活に疲れてしまうこともあるでしょう。その点もマンスリーマンションなら解決できます。マンスリーマンションは、通常の賃貸マンションのような間取りであることが多いため、実際その場所で暮らしているかのように滞在できます。しっかり自分のペースで生活できれば、出張の効率もより上がることでしょう。



月単位で借りられる短期賃貸マンションは、マンスリーマンションとも呼ばれています。現在、日本全国に約25000件の物件数があるといわれています。