工場勤務で行われる適性検査!何がわかるの?

スピードや正確性を問われる

人と接することが苦手だから工場勤務を希望する、という人は少なくありません。しかし実際、工場勤務では適性検査というものが行われることが多く、工場勤務に向いているかどうか検査されるのです。どういった人が工場勤務に向いているのかを探っていきましょう。 工場で行われる適性検査は難しいものではありません。簡単な検査ではありますが、いろいろんことがわかるようになっています。例えばスピードや正確性を問う問題です。たくさんの図形が描かれているシートの中から、同じ図形を選んでチェックをするというような検査です。たくさんの製品がコンベアーに乗って流れてくる工場の中で、きちんとした製品を正しくスピードを下げずに見分けられるような目線を持っているかどうかを判断します。


トランプを使った検査

トランプを使った検査も一般的です。手持ちのトランプを同じ枚数で台から落とさずに配るといった簡単な検査ですが、目線の動きなどを見たり、終了までの時間を測定したリします。この検査は適応能力や正確さを判断するのに使われています。台からトランプを落とすと減点されてしまうので、慌てずに行うことが大切です。


文字の間違い探しでストレス耐性を調べる

同じ文字の羅列から異なっている文字を探す検査では、スピート力や正確性だけでなく、ストレス耐性も見ています。例えば、「あ」が羅列している中から「お」という文字を探し出し、チェックをつけるというようなテストです。工場の中では、同じ部品の中から不適格なものを探さなければなりません。毎日同じものを見続けるというのは意外にストレスを感じるものです。これらの耐性を調べるために行われます。工場勤務にはいろいろな適性が要求されているのです。



岐阜の工場の求人は、作業系の仕事から経理などの事務まで多岐に渡っています。黙々と作業に集中してスキルアップを図ることができる求人が数多くあります。