保育士ってどうすればなれるの?保育士になるためにやらなければならないこと

保育士は国家資格なのです

小さな子どもに関わりながら仕事をしたい、と思っている方は保育園で働くことを考えますよね。しかし、保育の仕事に就くためには「保育士」という資格が必要になってきます。保育士の資格を取得するには、大きく二つのルートがあります。ひとつは、大学や短大・専門学校の保育士養成施設に通って、必要な科目を履修して卒業することです。学校に通うルートは卒業と同時に保育士の免許を取得できる、というメリットはありますが全日制の学校が多く、昼間は仕事や主婦をしている方には時間の調整が付きにくいというデメリットがあります。 もうひとつは、国家試験を受験して合格することです。この保育士の国家試験を受講するための要件として、専門学校(2年の専門課程)、短大・大学を卒業している、もしくは在学中が受講要件です。また中学卒もしくは高校卒のみであれば、児童福祉施設にて2年以上かつ2880時間の実務経験が必要になってきます。学歴や卒業した年月日により7200時間の実務経験が必要になる場合もあります。この要件をクリアしていれば、保育士の国家試験を受けることができます。


保育園以外にも保育士が活躍する場はある

保育士は保育園で働く以外にもたくさん活躍する場所があります。最近では、企業先であったり大きな病院などでは保育施設を設置しているところも増えてきています。保育施設以外にも、児童養護施設や知的障碍児施設など福祉分野での活躍場所もあります。いずれも小さな子どもが過ごす場所には、保育士が必要とされている、ということです。幼稚園で働きたいと思っている方は、幼稚園教諭の資格が必要ですので間違えないように注意してくださいね。



保育士の求人を大阪で募集している事業所は多くあり、中でも保育所や児童養護施設、児童館などの正社員やパートタイムの求人が目立ちます。