どのような種類がある?工場の求人について

工場といっても規模や内情が大きく異なる

最近は人手不足という事もあり、特に工場での仕事の求人倍率が低くなっているため現在隠れた人気を持っています。しかし、一口に工場といっても町工場から大手メーカーの大きな工場まで規模は大きく異なります。基本的に町工場の場合、給料や待遇において大企業とは大きく下回っていることがほとんどですが、活躍すればそれなりに責任ある仕事を任せられます。逆に大手の工場だと福利厚生はしっかりしている事が多いですが、規模が大きい分新卒で入ってくる正社員も多いため正規雇用やもっと責任と権限を持つ仕事を任せられることが少ない傾向にあります。もちろん、会社によってはそうとは限らないケースもあるので面接前に企業の内情についてある程度確認しておくと損はしません。


勤務形態の違いについて

工場によって土日が休み、朝から夕方までの8時間勤務がデフォルトのところから24時間365日稼働していて交代で働いているところまで工場によって出勤する時間の違いが大きい事も工場勤務の特徴の一つです。 土日が休みだと会社の仲間や家族と一緒にいられる時間が増える分、交代で仕事をしていると家族と一緒にいられる時間が減る代わりに就業時間によっては深夜手当がついたりするなど普通に働くよりも多額の給料を稼ぐことができます。 もし、工場で勤務を希望しているのか自分がどのような生活サイクルで働きたいか、将来どのようなキャリアを築きたいか考えてから応募する企業を選ぶようにしましょう。



期間工とは限られた期間だけ労働契約を結んだ労働者のことで、自動車工場などで勤務する人のことを指します。