ポテンシャルの高い人にオススメ!外資系会社でキャリアアップ

外資系会社で働くメリットとは

外資系会社は、日本の企業と比較して、年齢や経験よりも能力を重視しているところが多く、若年者であっても実力があれば昇進や昇格をスムーズに行うことも可能です。また、高度なスキルが必要となる職種については、非常に高い賃金が設定されている会社もあり、収入アップのために転職を検討する人も増えています。外資系会社の中には、有給休暇の他、リフレッシュ休暇やボランティア休暇などを導入し、社員が働きやすい環境を目指しているところも多く、長期的に同じ会社でキャリアを積みたい人にとって大きなメリットがあります。なお、外資系会社で実績を上げることで、管理職への登用や海外転勤のチャンスもあり、仕事へのモチベーションアップにつながります。


外資系会社の英語の面接の対策方法

外資系会社の中途採用試験では、即戦力のある人材かどうかを判断するために、外国人の担当者による英語で面接が行われることがあります。特に、志望動機や過去の職歴、入社後にやりたい仕事について、英語でスラスラと伝えるためには高いコミュニケーション能力や、文法の知識が必要となるため、時間を掛けて対策をすることが大切です。最近では、外資系会社への転職を目指すために、仕事帰りの時間を使って英会話学校に通ったり、オンライン学習を行ったりする社会人も少なくありません。また、ネイティブスピーカーとの会話の機会を増やすことで、外資系会社の面接に必要なスキルを自然に身に着けることもでき、自分に合った学習法を探してみましょう。



外資系の転職で重視されやすいのが、英語力です。国内が仕事の拠点となっている場合でも、様々な場面で英語が必要となることもあるため、語学に関する勉強はしておいて損がありません。